ヒトヅマカリ

「ユウタが……あんな……」
「な、直る手立てはないんですか!?」
それは突然の部分だった。医院で自分と彼女にドクターからたちまち、私達の三男・ユウタが重症にかかり、あしたを知らぬライフだというのだ。
「……A世界中でアクティベーションされている回復五臓六腑変換を使えば、行先確率は上がると思います……」
「せ、教官。それでその……額面は如何程なるんですか」
「きっと……診療費だけで二億円は下らないと思います」
「二億!?」
彼女と供に絶句した。ついに見出せた要請。しかし、つまらない勤め人です僕と彼女に、あんな大枚はくらし働いても用意できるハズが無く……。
そんな僕らに教官は起こる名刺を出した。
「これは?」
「個人的な仲よしのリッチだ。亭主ならなんとかできるかもしれません……」
……藁にもすがる気持ちで、自分と彼女はその藤ノ宮という男子の後述へと向かった。亭主は豪邸に過ごす5,60代位のシニアだった。
「ふむ。なるほど……分りました。資金は自分が差し出しましょう」
「本当ですか!?」
「ただし。環境がいる」
「環境!?」
亭主が持ちかけた環境。それは、ユウタが入院してから退院するまでのうち、彼女が亭主の男に、いや、性虜として進歩罹る部分というトンデモナイ一品だった。
「ふざけるな!」
そう怒鳴りつけたかった。しかし二億という大枚が用意できず、このまま最愛の三男を死なせる事を思うと私達は……。
こうして彼女は男子に犯される部分になった……自分はそれを贈られてきたムービーで見なければならない。
著者はイフナミンさん。男性向けの進歩賜物コミック。
近頃、大注目の作。こういう作、DMMでいまや2000回以外もセットアップされている傑作だ。
書籍作品の魅力は一体何か。反応を交えて敢行解説していきたいと思います。
こういう作は三男の為に、彼女がシニアに連日抱かれる部分になり、男はそれを贈られてきたムービーで見て、興奮してしまうという異質の物語だ。
三男の為に抱かれるのだから、面白くなってはいけない。そんなに彼女は理解しつつも、男のよりも遥かにデカく、逞しい肉棒で貫かれ、その上、連日変わったSM試合などをさせられ、ザクザク彼女はマゾっ思いを開花させていきます。
初めて三男が退院し、亭主から解放されたにもかかわらず、女房は未だにあの男子の事を思い出して仕舞う。そして男も、女房が犯されていたときの空白の時間に何があったのか、興味を持ち……。
と、寝取られ売り物として、書籍作品は圧勝傑作と言えます。猟奇的で、鬼畜なポイントがたっぷりのはずなのに、はまり込んで仕舞うアベック。愛情よりも好色が勝ってしまうのが人間の本質なんだと痛感させられます。
とか堅苦しい事はさておき、車内で犯され、バイアグラを飲まされ、触手のような器材で几帳状態で犯され、あらゆる方法で犯されめくる彼女の様子は必見。
まず、正邪一度、標本を見てください!後悔しないクオリティだ!
炭酸クレンジング

カテゴリー: 未分類 パーマリンク